阿波市の3つの『安心・安全』
 子育て
子育てにうれしいことたくさん。

山や川、田んぼなど、豊かで広々とした自然環境のなかで、のびのびと、おおらかに子育てできるのが阿波市の強み。
サポート体制も充実し、地域全体で子育てできる環境を整えています。

たとえばこんなサポートがあります。

充実の子育て支援・サポート

妊娠・出産支援スマイルファミリー不妊治療応援事業

「徳島県こうのとり応援事業」の交付決定に上乗せする形で特定不妊治療に要する費用の一部助成があります。

阿波市不育症治療費助成事業(平成30 年新設)

不育症の検査および治療に要する費用を助成する制度です。

子育て応援ヘルパー派遣事業

妊娠中から産後1 年以内であれば、家事援助や育児援助を受けることができます。

出産祝金

1子目 3万円、2子目 5万円、3子目 10万円、4子目以降 20万円の祝金を支給します。

あわっ子はぐくみ医療費助成事業

中学3 年生まで保険診療の自己負担分(高額療養費および入院時食事療養費自己負担額は除く)を助成します。

ひとり親家庭等児童入学祝い金

ひとり親家庭の子どもに小学校および中学校入学時に祝金を支給します。

ファミリー・サポート・センター

(公財)徳島県勤労者福祉ネットワークに委託し、子どもの預かりなどをしてもらう相互援助活動を行っています。

病児・病後児保育

満1 歳~小学校6 年生までの子どもが病気などにより、集団保育ができない場合、子供の一時預かりを行います。

【利用日時】
月曜から金曜(祝日を除く)8:30~17:30
【利 用 料】
日額2,000 円
【実施施設】
病児・病後児保育ルームつかきっず(阿波町『おおつか内科』内)
病児保育室「こもれび」(土成町『大野病院』内)

保育所・幼稚園・認定こども園の利用者負担額の軽減

  1. 兄弟姉妹の保育所および幼稚園等の同時入所の保育料軽減
  2. 多子世帯児童の保育料免除
    (18 歳未満の児童が3 人以上いる世帯で、阿波市から支給認定を受けている第3 子以降の児童が入所・入園した場合、保育料は無料)
  3. ひとり親世帯、在宅障がい児(者)のいる世帯等であって、市町村民税所得割非課税世帯及び所得割額77,101 円未満世帯の保育料の減額又免除
  4. 保育料の世帯階層区分別基準額の低設定

学校教育環境の整備

学校教育施設のバリアフリーや教室へのエアコン設置を進めています。

子育て支援センター(地域子育て支援拠点事業)

主に3 歳までの子どもを対象とした育児相談、交流の場の提供を行っています。

【施設名称】

なかよしルーム(一条認定こども園)

わんぱく広場(土成中央認定こども園)

にこにこルーム(八幡認定こども園)

さくらんぼルーム(旧日開谷幼稚園)

子育て関連施設

保育所・認定こども園 9
幼稚園 6
小学校 10
中学校 4
高校 2
図書館 4
公民館 9
交流防災拠点施設 1

自然豊かな土地と、地域の温かな見守り環境

プレーパーク

プレーパーク

広い空き地を利用して作ったママ達が
自主運営するプレーパーク

土成緑の丘スポーツ公園

土成緑の丘スポーツ公園

吉野川中流域を一望できる高台にあるスポーツと憩いの場です。野球、テニス、パターゴルフなど多彩なゲームが楽しめるほか、子どもの遊具も完備されています。

移住者インタビュー

阿波市の 3 つの『安心・安全』

防災 子育て 食

阿波市では、生活している人たちの幸せ満足度を高めるために、安心・安全への取り組みと環境づくりに力を入れています。特に、防災・子育て・食の3 点においては市を挙げて取り組んでいます。

阿波市の暮らしやすさってどんなところ
阿波市暮らしを体験しよう 移住おためし物件 詳しくはこちら